スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top
チワワやダックス…23匹の死骸放置 福岡の繁殖施設
2009 / 02 / 07 ( Sat )

 福岡県太宰府市北谷の犬繁殖施設で、犬23匹の死骸(しがい)が放置されているのがみつかり、運営者の同県宇美町の男性(49)から県警が動物愛護法違反(虐待)などの疑いで事情聴取したことがわかった。男性は「虐待するつもりはなかった。結果的に世話が十分ではなかった」と話している。

 筑紫野署によると、保健所から今月5日、「飼育されていた犬が複数死んでいる」と連絡が入った。署員が施設を調べ、男性から事情を聴取。ダックスフントやチワワなど23匹の死骸を見つけた。29匹が生きていたが、いずれもやせていたという。

 男性によると、子犬を生ませて販売する目的で02年に飼育を始めたという。取材に対し「50匹ほど育てていた。餌や水を与えていたが、結果的に栄養不足になっていた」と話し、「寒さもあってこの1カ月ぐらいで次々に死んだ」としている。筑紫野署は犬を焼いたと見られる跡を確認したが、男性は「以前、死んだ犬を10匹程度焼いたことがある」と話している。

 男性は、自宅の住所で動物取扱業の登録をしていたが、この施設は登録していないと話している。

2009年2月7日13時19分 asahi.com

チワワやダックス…23匹の死骸放置 福岡の繁殖施設

ペットブームが続く限り、こういったことはまた起きます。

スポンサーサイト
20 : 44 : 00 | 社会 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<スーツ姿でサムターン回し 中国人2人を窃盗容疑で逮捕 | ホーム | シー・シェパードの抗議船、日本の捕鯨船と衝突>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://sionwindy.blog67.fc2.com/tb.php/27-ae1443f8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。